看護部

有田胃腸病院看護部

有田胃腸病院は、消化器専門病院として地域の皆様とともに32周年を迎えました。
看護部も更なる発展を目指し看護部ビジョン達成に向かってチームワークで取り組んでいます。

看護部理念

病院の理念に基づき、安全で質の高い看護サービスを提供します。

看護部の基本方針
  1. 患者さま.ご家族の思いに寄り添い、いかなる時も尊厳を大切にする
  2. 専門職として目標をもって自己成長に努める
  3. 部署間の風通しを良くして、多職種と協働する組織をつくる
  4. 専門職として人材育成の視点から良質なコミュニケーションに心がける
  5. 地域連携活動に協力し地域から信頼が得られる看護サービスを提供する
  6. 退院後も安心して、生活できる在宅復帰支援を行う
  7. 相手を理解して楽しい職場環境の醸成に努める
看護部長あいさつ

2018年3月より看護部長として看護部の責任を担うようになりました小出好子と申します。よろしくお願いいたします。

有田胃腸病院は、消化器専門病院として消化器外科・内科で検査・治療を行ってまいりました。しかし、高齢化が進む中、在院日数の短縮、在宅への移行が進み急性期の治療を終えた患者さまたちの機能回復は思うように進まないまま、在宅や施設へお帰りになられています。そこで、当院は一旦急性期治療を終えた患者さまの機能回復を支援するため、リハビリテーションや療養環境の充実を図る病棟の編成を行いました。
今後も消化器専門病院の専門性を高める活動を行うと共に、機能が低下した患者様に積極的なリハビリテーションや穏やかな療養環境の下で自分を取り戻して頂き、患者様が地域で生活ができるよう在宅復帰の支援にも看護部は取り組んで参ります。
24時間看護ケアを継続している看護部は他職種と協働しチーム医療の中心的な役割を担える様、学びを忘れず、患者さまの問題解決に取り組んでまいります。患者さま、ご家族様の思いに寄り添いながら、暖かさとやさしさのある看護を提供いたします

認定看護管理者 小出 好子

勤務体制

3交代制

深夜勤務0:30~9:00

日勤8:30~17:30

準夜勤務16:30~1:00

看護方式

チームナーシング・受け持ち制

看護単位

3単位

病棟2単位

外来(内視鏡室・手術室・中央材料室)

内視鏡技師免許は5名が取得しています。