有田胃腸病院は、消化器専門病院として消化器外科・内科で検査・治療を行ってまいりました。しかし、高齢化が進む中、入院日数の短縮、在宅への移行が進み、急性期の治療を終えた患者さまたちの機能回復は思うように進まないまま、ご自宅、施設へお帰りになられています。そこで、当院は一旦急性期治療を終えた患者さまの機能回復を支援するため、リハビリテーションや療養環境の充実を図る病棟の編成を行いました。

今後も、消化器専門病院の専門性をさらに高める診療活動を行うと共に、機能が低下した患者さまに積極的なリハビリテーションや穏やかな療養環境の下でご自分を取り戻して頂き、患者さまが地域で生活ができるよう在宅復帰の支援にも取り組んで参ります。24時間看護ケアを継続している看護部は他職種と協働しチーム医療の中心的な役割を担える様、学びを忘れず、患者さまの問題解決に取り組んでまいります。患者さま、ご家族様の思いに寄添いながら、暖かさとやさしさのある看護を提供いたします。看護部長として倫理観を持ち、相手の尊厳を大切に、敬意をもって接しています。看護師の仕事は崇高な仕事です、この崇高な仕事を継承してくれる後輩の看護師を育成したいと強く思い、新人看護師や中途採用者の方たちの環境整備や面接を行い不安の軽減や現場でのミスマッチの調整に取組んでいます。この病院で働いてよかったと思える管理体制と提供したケアで喜びを得られる看護の現場を作っていこうと思っています。

今回、ユニホームも一新し(紺、ブルー、ピンクと3色で着心地を重視しました)、気持ちも新たに今後の医療情勢に対応しようと思っています。

地域に根ざしたこの有田胃腸病院で一緒に働きましょう。

看護部長 認定看護管理者 小出好子